医療用かつら選びのポイント

かつらのメンテナンス方法

かつらを長く使用する為には、メンテナンスする事が大切です。ここでは、かつらのメンテナンス方法についてご説明します。まず、週に数回、シャンプーやトリートメントをする事です。かつら専用のシャンプーを水で溶かし泡立て、水に浸します。その際、手やブラシで優しくとかしながら、汚れを取り除きます。人毛の場合はお湯でも構いませんが、人工の場合はぬるま湯で行うのが良いでしょう。すすぎ終わったらタオルで優しく水気をとり、きちんと乾かします。次にブラッシングです。

ブラッシングの際は、静電気防止スプレーなどをかけ、金属ブラシでとかします。ブラッシングは毎日行うようにし、毛先から優しく丁寧にとかします。また、ベース部分のメンテナンスも重要です。1日の使用が終わったら必ず行います。濡れたタオルを絞り、ベース部分を丁寧に拭きます。拭いた後は、しっかりと乾燥させます。

夏場など汗をたくさんかいた場合は、1日に数回拭く事をお勧めします。更に、人毛の場合、シャンプーや時間経過と共に色が抜けてしまうので、カラーリングも行います。市販のカラーリング剤で自分で行うのでも良いですが、ベースにつかないように注意する必要があります。メンテナンスを怠ると、細菌が増殖したり、形が崩れるなど、劣化が早まります。長持ちさせる為に、メンテナンスをきちんと行い、大切に扱うようにします。

薄毛対策用のかつらを選ぶポイント

薄毛頭頂部の髪の毛が薄くなってきた、おでこが広くなってきたなど、薄毛でお困りの方は多くいます。
ここでは、薄毛対策用のかつらを選ぶポイントについて、ご説明します。

まだ技術が十分ではなかった一昔前のかつらは、不自然で違和感のあるものが多くありましたが、現在のかつらはバレにくい作りになっています。
頭部の大部分が薄い場合はやはり全体かつらを選びます。一部分であったり、この部分だけ、という場合は部分用かつらを選びます。

また、かつらの土台も様々なものがあり、メッシュ、人工皮膚素材、テープなどがあります。メッシュ製はやわらかい繊維を網状に編んでいる為、毛の密度が薄くなりますが、高い通気性があるのが特徴です。人工皮膚素材は、ウレタンやシリコンなどの合成樹脂から出来ているので通気性が劣り蒸れやすい事が挙げられますが、見た目や感触が皮膚に近いです。金属アレルギーのある人にお勧めの、テープ素材は、接着剤が合わないと言うひともたまにいます。

しかし、強い粘着力と通気性を兼ね備えているのが特徴です。かつらに使用される毛も、人毛と人工毛があります。メッシュ素材は人毛はキューティクルがあるものとないものがあり、キューティクルがあるものは高価になります。人工毛は安価で、型崩れもしにくいですが、劣化しやすく熱に弱いという特徴があります。

医療用のかつらを選ぶポイント

かつらは用途や、装着する人の毛量、髪質、ライフスタイルなどで選ぶものも変わってきます。病気や投薬による副作用で医療用ウィッグが必要になった時、どういったものが良いのでしょうか。ここでは、医療用かつらを選ぶポイントについて、ご説明します。

まずは、フィット感です。これに関しては、既製品よりも当然オーダーメイド製の方が、個人個人の頭部の形に合うように作られている為、より優れていると言えます。しかし現在の既製品やセミオーダー製でも、基本的に誰にでも合うような形状になっているので、大抵の方はほぼ満足できる仕上がりになっています。
フィットする感覚は人により様々ですが、違和感や締め付けが強い場合は、長時間使用する事が困難になるので、着け心地の良さは重要です。医療用かつらを扱っている「ライツフォル」では自宅で試せる無料試着サービスを行っています。送料や返送料も無料ですから気軽に申し込めますし、好みでなければ無理して購入する必要もありませんので非情に良心的です。やはり着け心地やフィット感などは試着をしてみなければ分からないことですので、オーダーメイド製か、こうしたサービスを実施しているところに注文すると失敗が少なくてすむでしょう。

次に、脱毛している範囲が増減するのか、です。現時点で脱毛していても、一時的なものだったり、近い将来髪の毛が生えてくると言った場合は、部分用かつらを選びます。今あっても、これから闘病により一気に無くなる事が予測される場合は、全体かつらを選びます。抗がん剤治療の場合は、脱毛後、生えそろうまでに1年ほどかかります。円形脱毛症の場合は、脱毛部分が移動する場合があります。火傷などの傷や手術の為に一時的に脱毛した場合は、動く事はありません。購入する際には、上記の事に気を付けてかつらを選びましょう。

かつらの種類

かつらは、用途によって様々な種類を使い分けます。ここでは、かつらの種類について、ご説明します。

かつらでは、男性用、女性用、医療用、また、毛量によっても様々種類のかつらがあります。かつらの需要で圧倒的に多いのが、男性用の薄毛対策の為のかつらになります。最近は、女性用も人気がありますが、女性がつけるかつらでは、医療用のかつらや、ファッションアイテムとしてつけるかつらがほとんどです。
また、毛量では、全体かつらと部分かつらがあります。全体かつらは頭部全体を覆うタイプで毛量が薄い場合や、病気で髪の毛が抜けてしまった場合、円形脱毛が広がった場合に使用されています。需要が一番多い部分用かつらは、薄くなってしまっている部分のみに被せます。装着する部位により、形やフィット感は異なります。

最近では、簡易的なものも多く、髪の毛の生え際に直接貼るタイプのものもあります。販売形態では、オーダーメイド製、セミオーダー製、既製品などがあります。
オーダーメイド製では、自分の頭部のサイズや髪質に合わせて、最初から全て作り上げる為、フィット感があり、自然体で付け心地の良いかつらとなります。
セミオーダー製では、既にあるかつらを微調整します。ナチュラル感やフィット感に関しては、オーダーメイド製よりも劣りますが、安く仕上がります。
既製品は、既に出来上がっているかつらです。ナチュラル感はオーダーメイドなどよりは当然劣りますが、何より安いというメリットがあります。