医療用かつら選びのポイント

医療用のかつらを選ぶポイント


かつらは用途や、装着する人の毛量、髪質、ライフスタイルなどで選ぶものも変わってきます。病気や投薬による副作用で医療用ウィッグが必要になった時、どういったものが良いのでしょうか。ここでは、医療用かつらを選ぶポイントについて、ご説明します。

まずは、フィット感です。これに関しては、既製品よりも当然オーダーメイド製の方が、個人個人の頭部の形に合うように作られている為、より優れていると言えます。しかし現在の既製品やセミオーダー製でも、基本的に誰にでも合うような形状になっているので、大抵の方はほぼ満足できる仕上がりになっています。
フィットする感覚は人により様々ですが、違和感や締め付けが強い場合は、長時間使用する事が困難になるので、着け心地の良さは重要です。医療用かつらを扱っている「ライツフォル」では自宅で試せる無料試着サービスを行っています。送料や返送料も無料ですから気軽に申し込めますし、好みでなければ無理して購入する必要もありませんので非情に良心的です。やはり着け心地やフィット感などは試着をしてみなければ分からないことですので、オーダーメイド製か、こうしたサービスを実施しているところに注文すると失敗が少なくてすむでしょう。

次に、脱毛している範囲が増減するのか、です。現時点で脱毛していても、一時的なものだったり、近い将来髪の毛が生えてくると言った場合は、部分用かつらを選びます。今あっても、これから闘病により一気に無くなる事が予測される場合は、全体かつらを選びます。抗がん剤治療の場合は、脱毛後、生えそろうまでに1年ほどかかります。円形脱毛症の場合は、脱毛部分が移動する場合があります。火傷などの傷や手術の為に一時的に脱毛した場合は、動く事はありません。購入する際には、上記の事に気を付けてかつらを選びましょう。


薄毛対策用のかつらを選ぶポイント
Previous post
かつらの種類
Next post