医療用かつら選びのポイント

かつらの種類


かつらは、用途によって様々な種類を使い分けます。ここでは、かつらの種類について、ご説明します。

かつらでは、男性用、女性用、医療用、また、毛量によっても様々種類のかつらがあります。かつらの需要で圧倒的に多いのが、男性用の薄毛対策の為のかつらになります。最近は、女性用も人気がありますが、女性がつけるかつらでは、医療用のかつらや、ファッションアイテムとしてつけるかつらがほとんどです。また、毛量では、全体かつらと部分かつらがあります。全体かつらは頭部全体を覆うタイプで毛量が薄い場合や、病気で髪の毛が抜けてしまった場合、円形脱毛が広がった場合に使用されています。需要が一番多い部分用かつらは、薄くなってしまっている部分のみに被せます。装着する部位により、形やフィット感は異なります。

最近では、簡易的なものも多く、髪の毛の生え際に直接貼るタイプのものもあります。販売形態では、オーダーメイド製、セミオーダー製、既製品などがあります。オーダーメイド製では、自分の頭部のサイズや髪質に合わせて、最初から全て作り上げる為、フィット感があり、自然体で付け心地の良いかつらとなります。セミオーダー製では、既にあるかつらを微調整します。ナチュラル感やフィット感に関しては、オーダーメイド製よりも劣りますが、安く仕上がります。既製品は、既に出来上がっているかつらです。ナチュラル感はオーダーメイドなどよりは当然劣りますが、何より安いというメリットがあります。


医療用のかつらを選ぶポイント
Previous post
かつらの種類
Next post